idorish7

【アイナナ】 サイドストーリー第7章

アイナナ無課金攻略

【アイナナ】 サイドストーリー第7章

ステラストーンを増やす方法

【アイナナ】 第7章-第1話サイドストーリー「分析と方針」

【アイナナ】 サイドストーリー第7章

だんだんと知名度が上がり人気も出てきたIDOLiSH7。当然メンバーの人気にも偏りが出てきてしまいました。マネージャーはできれば全員を均等に売り出してあげたいと考えます。そこで一織に相談してみると“三月のアピールが難しい”と言われました。どう言う事かマネージャーが尋ねると、“兄さんは人だからです。心があるから難しいんです”と一織は答えました。人が三月を見て抱くイメージと三月自身に相違があるからだと。可愛らしいイメージを持たれがちな三月は、可愛いアイドルが好きな人の目に留まるが、いざ話してみると、威勢のよい話し方に離れていってしまう。

 

三月本人の希望通りの男らしいイメージで売り出すと、ビジュアルから男らしい人物に負けてしまう。三月のギャップを愛する人しか、三月のファンになってくれないのだと一織は説明します。現在人気が出ている壮五や環はビジュアルと性格が一致しているから人気が出やすいのだといいます。一織はプロデュースの方向とアイドルの心が一致してこそ、迷うことなく押し出していけるのだとマネージャーに伝えました。

 

華やかで喝采を浴びる人気アイドルRe:valeに対抗するために、TRIGGERは“ため息をついて見上げるアイドル”として、太陽ではなく月として、動ではなく静として売り出されていました。普段の自分とは全く違ったイメージで売り出される龍は未だに戸惑っている様子。楽や天もファンが求めるキャラクターを100%出し切ろうとピリピリして事務所ではいつも言い争いばかりでいました。そんな様子をマネージャーの姉鷺は心配します。そこにRe:valeから天・龍・楽それぞれに荷物が届きます。中を開けてみると天に霜降り牛肉、龍にタレ、楽に野菜が送られてきていました。3人ですきやきをしろと言わんばかりの贈り物に久々に3人で食事をし、少しわだかまりが解けたようでした。

アイナナ無課金攻略

【アイナナ】 サイドストーリー第7章

ステラストーンを増やす方法